News/stay night

ゲームやアニメネタを筆頭に、あなたが気になる「旬な情報」をお届けしていきます。

*

『スクフェス』『艦これ』アーケード版の稼働決定!評価は一体?

   

『スクフェス』『艦これ』といった有名タイトルのアーケード化が決定しています

intro_back_01スクフェスと言えば大人気のメディア群『ラブライブ!』のスマホゲームアプリ『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』です。

100曲を超える素晴らしい楽曲と単純で分かりやすいゲーム要素にμ’sのアイドルが絡み、全世界で2000万以上のダウンロード数を記録しています。

ソシャゲーの中には白猫プロジェクトのように6000万ダウンロードを記録している物もありますが、このスクフェスはリセマラができない状況でこの数値なのでどれほどの記録かイメージしてもらいやすいかと思います。

無課金の人でも存分に楽しめる良作です。

E889A6E99A8A

一方『艦これ』は角川ゲームスが開発し、DMM.comがブラウザゲームとして配信している育成シミュレーションゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』のことです。

女性キャラクターに擬人化された艦艇「艦娘(かんむす)」を集め、育てながら敵と戦っていく、という内容です。

少し無骨なシミュレーションゲームになってしまいがちな所に、可愛らしい艦娘という萌え要素を加えることで見事に多くの層を虜にする傑作に仕上がりました。

ブラウザゲームながら毎日60万人前後のプレイヤーが遊ぶという驚異的な人気ぶりです。

アニメ化もされました。

そんな両作のアーケードゲーム化が決定しています

101130segachina-thumb-499x325-21585

御存知アーケードゲームと言うのはゲームセンターなどに設置されていて、一度のプレイ毎に料金がかかるあのゲームのことです。

そこに『スクフェス』と『艦これ』が進出することが決定しています。

艦これは製粉紹介ムービーも出ておりますのでどうぞご覧ください。

 

スポンサードリンク

そんな有名タイトルのアーケードゲーム進出ですが、一体どのような声が上がっているのでしょう?評価を見てみましょう。

肯定派

否定派

アンケート調査(母数少なめ)

Twitterに挙っている意見を一部抜粋させてもらいました。

やはり肯定派も否定派もしっかり存在しています。

例のごとく何とも活論を出すことはできないのですが、数ある意見を見てきた中で考察を加えていきたいと思います。

まずアーケード化以前にこの二タイトルは大きな問題(語弊があればすみません)を抱えているようです。

『スクフェス』:凄まじい勢いがありながら、μ’sのラストライブ(解散?)が決定している。

『艦これ』:アニメ化が大失敗し、作品全体の評価を下げてしまった。

こういった状況で、スクフェスのアーケードは「ラブライブ存続の希望」として扱われており、艦これは「作品の人気の浮き沈みを決める一作」として扱われているようです。

そこに関してもみなさんの意見はそれぞれでしょう。

そこでこの両作がヒットしそうかどうか個人的な評価をしていきますと、

『ラブライブ!』はゲームセンターまで出て行こうと思う本物のラブライバーよりむしろカジュアルに流行を追っているライトユーザーが多い気がしますので、正直スマホゲーム程の成功はしないのではないか?と思います。

『艦これ』は元々ブラウザゲームと言うことで、「スマホでインストールして遊んでみるか?」というカジュアルな層にはあまりアプローチの出来ていない作品です。

そこで今回ゲームセンターという少しディープな空間でそのタイトルを発信していくことに成功すれば、また作品全体の人気を取り戻せるのではないか?と思います。

そんな時にやはりあまり好調でなかったアニメの存在はネックになったりしますが、

とにかくこの二大タイトルのアーケード化がどう転ぶか、非常に興味深い所です。

稼働は来年2016年からを予定しているということなので、楽しみにしていてください。

ちなみに『艦これ』は12月18日から20日まで、クラブ セガ 秋葉原 新館にてロケテが実施されるそうですので、興味がある方は是非。

 

長文お付き合いありがとうございました。

 - アニメ, ゲーム , ,