News/stay night

ゲームやアニメネタを筆頭に、あなたが気になる「旬な情報」をお届けしていきます。

*

ヒステリックパニック 一味違う次世代メタルバンド!

      2015/12/29

一味違う新しいメタルバンド『 ヒステリックパニック 』

ヒステリックパニック

ヘビーなリズム隊に加わるキャッチーなメロディーとメタルのギャップが癖になるバンド、「 ヒステリックパニック 」。弾けるような激しさが人気で、明るく親しみやすい曲調の中にシャウトやデスボイスを取り入れているのが特徴的です。

ヒステリックパニック、通称「ヒスパニ」は名古屋出身で、2015年4月にメジャーデビューしました。

ラウドロックやメタルで人気を呼ぶバンドが多く活躍する中、中毒性が高く、インパクトの強いポップな楽曲は鋭い印象のメロディーを明るく思わせてくれます。

そこが他のバンドのメタルとは一味違うので、注目を集める一つの理由となっています。

スポンサードリンク

ヒステリックパニックの魅力とおすすめ曲

バンド名の通り、楽曲はどれも激しく、時にはエロティックに騒ぎ、まさにパニックそのものです。

ハイトーンのヴォーカルとデスボイス、速すぎる歌詞の交わるパートは必聴です。

変拍子を多く用いたドラム、スラップが生き生きしたベースといったリズム隊がヘビーさを増し、ギターとヴォーカルが楽しく明るいイメージを作り上げます。

曲のイメージが重たくなりすぎないように、リズムの切り替えに工夫がされています。

また、響きや韻を踏んだ言葉遊びを用いた歌詞は覚えやすいものとなり、より一層曲を盛り上げてくれます。

憂&哀

この「憂&哀」はそんな彼らの魅力が溢れている特に人気の楽曲です。誰もが一緒になって盛り上がれるパートがあるので、初めて聴いた人でも合いの手をしたり掛け声で大声を上げたりと全力で楽しめます。

うそつき。

こちらの「うそつき。」はライブでもお馴染みの曲で、ギターソロとヴォーカルの様々な声色で盛り上げるキラーチューンです。

自分も初めて聴いたときは「曲が変わったか?」と勘違いするほど、何度も展開していく曲に度肝を抜かれました。

フロアも踊りながら歌って、ヒスパニの力を一番感じることができます。

楽曲はどれもデスボイスやシャウトがありながらも、キャッチーさが異彩を放ち、馴染みやすいものとなっています。

音楽好きに革命とパニックを起こし、激しい音楽をより広めるようなバンド、ヒステリックパニックが、今後メディアでどう活躍していくのかが楽しみです。

 

Official Web site http://www.hystericpanic.com/

Official Twitter

 - 音楽