News/stay night

ゲームやアニメネタを筆頭に、あなたが気になる「旬な情報」をお届けしていきます。

*

Acid Black Cherry 、yasuさんの圧倒的歌唱力!Janne Da Arcのボーカルでもある彼が崇拝するラルクのhydeさん

      2016/06/22

Janne Da Arcのボーカリスト、yasuさんによるソロプロジェクト、Acid Black Cherry 「通称:ABC」

一見バンド名のように見える Acid Black Cherry というその名前。実はJanne Da Arcにおいてボーカルを務めていたyasuさんによるソロプロジェクトのことを指します。

Acid Black Cherry

PVなどではバンドで演奏している姿が印象的かと思いますが、固定メンバーと言えるのはyasuさんのみ。サポートメンバーは流動的に変わり、yasuさんが曲に最もメンバーを選抜しているそうです。

ちなみにそのサポートメンバーもDAIGOさんで有名な「BREAKERZ」からAKIHIDEさん。河村隆一さんの「LUNA SEA」やあの「X JAPAN」でギターを務めるSUGIZOさんなど、大物が揃っています。

またABCと言うと、見た目はV系でありながら耳馴染みの良い音楽で幅広い層のファンがいる不思議なアーティストでもあります。

実際自分もV系には全く興味がありませんが、ABCの曲は好きですし、Jannne Da Arcも好きです。

自分の場合yasuさんの圧倒的な歌唱力に惹かれて、ようはyasuさんを崇拝している訳ですが、意外とこういう人も多いのではないか?と思います。

この記事を読んでいる方でもう既にそんなこと理解しているという場合は、次の項目を飛ばしてもらっても結構かと思いますが、まだyasuさんのすごさを知らない方々のために

スポンサードリンク

yasuさんの圧倒的歌唱力に浸れる名曲たち(カバーあり)を紹介します。

『眠り姫』

出だしの一瞬で理解できるyasuさんの美しいハイトーンボイス。自分も大好きな曲です。カラオケでもよく歌います。歌えませんが。

カラオケ等で歌ったことのある方ならお分かりかと思いますが、サビの最高音がこんなに綺麗に出ないのは当然として、地味にメロディーがずっと高くて体力切れになる一曲です。

『未来予想図Ⅱ』

過去の名曲をyasuさんがABCでカバーする「Recreation」の3作目に収録されるのがこの曲。あの「DREAMS COME TRUE」の名曲「未来予想図Ⅱ」です。

ドリカムの吉田美和さんも日本を代表する歌い手だけにこの「未来予想図Ⅱ」も相当難易度の高い一曲ですが、流石としか言いようがありません。

個人的に一番カッコいいのは二番Bメロ(Cメロ?)の最後「素直に愛してる~」の所です。このミドル域のフェイクがこれほど決まるのはyasuさんならではかと。

これほどの歌唱力を持ったyasuさんですが、実はそんなyasuさんにも崇拝する師匠がいるそうです。

yasuさんが崇拝するLA’rc~en~cielのhydeさん

2691629178_80eb6d6f02

yasuさんが初めて見たライブが大阪城ホールで行われたラルクのライブだったらしく、そこで歌われるhydeさんを見て「こんなボーカリストになりたい」と思われたそうです。

ちなみにyasuさんがライブを初めて見るころに既にラルクは活躍されていたということなので、少しお二人の年齢が気になってしまい調べました。

yasuさんは1975年1月生まれ、hydeさんは1969年1月生まれですので、お二人とも既に40歳になられているのですね。hydeさんがあと数年で50歳になられるのはすごいな、と思います。

これほど若々しくてカッコいい40代そうそう見ません。

今では、2008年よりVAMPSが主催しているHALLOWEEN PARTYに毎回参加したり、非常に仲の良い交友関係にあるそうです。

2012年1月29日のhydeさんの誕生日には、Acid Black Cherry公式アカウントにて「Merry Japanese Christmas!!!」と、(誕生日になぞらえて)1時29分に呟いたそうです。

hydeさんを日本の神と崇めるyasuさんがクリスマスに例えているようですね。

ちなみにその時「愛してる、愛してるよ」というこの曲の歌詞も使われたそうです。

『イエス』

多くの人にとってもそうかもしれませんが、自分が最もABCの曲の中で好きな一曲です。

ストーリー性のあるPVも感動的です。色々な解釈がありますが、「yasuさん扮するイエスが死の狭間にある少女を生かすか葛藤している様子が描かれている」という解釈があります。

個人的にこの世界観は非常に良い線を付いていると思います。試しにこのストーリーを踏まえた上でPVを見ると全てが紐解かれます。

曲の転調と共に死神の手を振りほどきイエスのもとに走ってくる少女。おそらくれは冥府の門で、くぐっていたら最後だったのでしょう。そしてPVの最後には病床で目を覚ます少女と感涙する母親。その指にはイエスの残した紅い紐が結ばれている。

相当感動的です。自分はこのストーリーが頭に入ってしまっているのでこれを聞くと普通に泣きそうになります。

少し曲への感想が長くなってしまいましたが、実はyasuさんはhydeさんだけでなく、あのDAIGOさんとも仲が良いそうです。

i35RS

こちらはDAIGOさんがtwitterに挙げた一枚。その三人が一同に会したすごい一枚です。

ちなみに2007年Acid Black Cherry主催対バンイベント“SWAPPING ROCK PARTY”においてライブの転換中にyasuさんとDAIGOさんがショートコントをした時に生まれたのがこの写真でもされている「ういっしゅ」だそうです。

「うぃっしゅ」は知っていてもそのルーツがまさかyasuさんとのショートコントにあったと知っている人は少ないのではないでしょうか?

話のネタに是非。

ABCのオフィシャルtwitterはこちら

https://twitter.com/TeamABCofficial

youtubeのチャンネルはこちら

https://www.youtube.com/user/AcidBlackChannel

ここで紹介した他にもたくさんイケてる曲がありますので、是非見てみてください。

 

長文お付き合いありがとうございました。面白かった、ためになった、という方がもしいましたらSNSで拡散していただけると嬉しいです。

 - 芸能, 音楽